なんとなく散歩してみたら

暮らし
なんとなく散歩してみたら

少しずつ冬らしい風が吹く季節。

それでもまだまだ暖かいでしょうかね。

あてもなく旅に出るように散歩する。

特に行き先を決めるわけでもなく。

子どもたちとFeel度Walkを楽しんでから新たなセンサーが開いています。

「なにこれ?」

アンパンマンチョコの棒を見つけて懐かしさを語る子どもたち。

パカッと割れている樹木を見ながら物語を話し始める子どもたち。

遊具のつくり方が気になってジロジロと眺めていた子どもたち。

そんな姿を見ていたからなのか…

道端に落ちているお菓子の棒が目に留まる。

樹木をジロジロと眺めてるようになる。

公園に遊具の配置や設置方法が気になる。

「あ!これってあの子たちが見ていたのと似ているな」

「お!これおもしろい!」

「ん?なんでこうなってるんだろう?」

急にいろんなセンサーが動き出す。

「そうか見つける楽しみってのがいいんだな」

偶然にも何かと出会う。

「なにこれ?おもしろいなあ」

という繰り返しでしかないのだけれど確実に世界が広がっていく。

まだまだ知らないことばかりです。

タイトルとURLをコピーしました