「子どもたちがつくる」教室の話

教育

雨が降りそうな雲が広がった丹沢・大山の麓。

「雨は2時頃からって言ってよー!」

そう言いながら昼前に下校していった子どもたち。

今日から給食はなく、3時間でおしまい。

刻々と解散の日が近づいています。

「残り3日だってさ」

「5年生ってどうなんの?」

「なんかビミョー」

とまあ、あれこれと話す子どもたち。

Googleフォームで3学期のふりかえりをして…

「5年生では、どんなふうに過ごしますか?」

って尋ねてみたら…

「チャレンジ・リスペクト・チャレンジを大切にすごす!」

というようなことを20名の子どもたちが書いていた。

基本OSとしてのマインドセットは十分に浸透したのだと実感。

「くわマン、これあげるー」

今年度、何度も登場した絵が一枚に。

黒板の左端に貼ってあるものを描いてくれている。

「これだけでいいんだよね」

あれこれと一年間やって来たけれど、ここにあるメッセージだけでいい。

「そこにリスペクトはあるのか?」

「そこにチャレンジはあるのか?」

「そこにスマイルはあるのか?」

ただただ…

それだけを追求してきた教室で過ごせるのも残りわずか。

「子どもたちがつくる」

そんな教室の姿を最後の最後まで堪能したいと思います。

今週もありがとうございました。

教育
ようこそ!
ON THE BALLへ
\フォローして繋がりましょう/
\この記事をSNSでシェアする/
\SNSをフォローする/
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました