似ているけど違うんだ。

山茶花と椿は似ているけど 教育

二重の笠雲がかかる富士山が見えた丹沢・大山の麓。

どうやら大晦日は天気が荒れるらしい。

穏やかに元旦を迎えられるだろうか。

花が少ない時期、大きなピンク色の花をつけた樹木は目立つ。

「これって山茶花(さざんか)?それとも椿(つばき)?」

「それは山茶花でしょ!」

「いやいや椿だって!」

「これどっちなんだ?調べてみよう!」

なんてやり取りをしていた子どもたちを思い出す。

「花びらが落ちるのが山茶花で、花ごと落ちるのが椿」

そんな曖昧な記憶を辿りながらパシャリ。

「似ているけど違うもの」は世の中にたくさんある。

そんなことは分かっているはずなのに、どういうわけか同じように見てしまう。

「子ども」っていえば大きな分類でしかなく、一人ひとりは違う人間だ。

同じ家庭で育つ兄弟姉妹だって、似ている部分はあれど全く違う。

親子だってDNAは引き継いでいるが全く違う。

ところが…

そんなことを忘れて自分と同じように思ってしまう節がある。

ちゃんと意識しておかないといけない。

例えば…

自分と子どもを同一視するなんてことが起きる。

親として子どもを見て歯がゆい思いをするようなこともある。

子どもからしたら親から知らず知らずにストレスを与えられる。

これから年度末にかけて受験という厄介なものがある。

一生懸命に勉強している子どもたち、そして支える親たちへ一言。

「似ているけど違うんだ。あなたは唯一無二の存在ってことを忘れないでね」

良い年末をお迎えください。

タイトルとURLをコピーしました