少年少女サッカーの面白さ。

頑張れ!ラディッシュ! スポーツ

太陽がお日様に隠れると寒さを感じる丹沢・大山の麓。

秦野のサッカー少年少女たちの聖地ともいえる「なでしこ広場」

県選手権がスタートしたので観戦に。


ラディッシュはU-10が登場。

負けたら終わりのトーナメント、しかも県大会だ。

日頃から数多く試合をしているのだが雰囲気がちょっと違う。


キックオフして気づいたことがある。

明らかにラディッシュの子どもたちは小さい。

聞けば4年生は一人だけ、後は3年生で構成されている。


当然のことながら、スピードで劣る。

ボールを奪われるとたちまちピンチになる。

まあ、それはいつものことだから仕方がない。


「いつものこと」

ラディッシュの伝統と言っても過言ではない。

どうしてもボールに集まるので相手にカウンターを受ける。

時としてゴールキーパーまで前にいるので失点も多い。

でも、それでいい。


ラディッシュはボールを自分で運ぶことを大切にしている。

だから、基本はボールを奪ったらドリブルをする。

と言ってもただ前に行くだけではない。

足の裏を使ってボールを引いてから斜めにスッと交わす。

いろんな技を試しているのがよく分かる。

身体の大きな相手にも果敢にドリブル突破を挑む。

といっても強引ではなく、懸命にボールを運ぶルートを探すのだ。


小さな子どもほどボールを追いかける習性がある。

これは動物的な感覚に近い。

相手のゴールキーパーからパントキックが放たれる。

スーッと落下点に入ることができるのはラディッシュの子どもたちだ。

小さな頃から圧倒的にボールに触れる回数が多いから。


「0−10」


結果だけ見ると大敗なのだが気にすることもない。

4年生は2年で、3年生は3年でどこまで伸びていくのか。

そんな成長を楽しみに応援することが最高に面白い。


さて、明日はU-12。

どんな個性を放ってくれるのか。

こちらも楽しみでならない。


Enjoy Football.

【対戦表】第50回神奈川県少年少女サッカー選手権

大根サッカー
秦野市で活動している大根サッカークラブです
タイトルとURLをコピーしました