登ることで見える景色。

大山阿夫利神社下社から 暮らし

朝は青空、夕刻は嵐のような風が吹いた丹沢・大山の麓。

まだ山々に雪が積もる景色を見ていない。

ちょっと明朝が楽しみでもある。

真っ白な山々を眺めることはできるだろうか。


ところで…

山があると登りたくなるのはなんでだろう。

きっと人それぞれなんだろうとは思う。


でも…

そこには何かしら人間としての習性があるのではないか。

虫を捕まえると上に上にと登っていくことがある。

あれと同じなんじゃないかなんて思っている。


まだ見ぬ景色を自分の目で見たい。

そんな思いが山へ誘うのかもしれない。

まあ人それぞれだよね。


そういえば最近では阿夫利神社下社が最高点だ。

この先へも久しぶりに登ってみたい。

というわけで本日の画像として貼っておく。


「命」
命あること、生きることが奇跡の連続である。

っておみくじに書かれていたな。


生きているうちにどこまで行けるか。

高い山へ登るには大きな負荷がかかる。

それでも見たことのない世界を見てみたいよね。


人生という名のボールは転がり続ける。

暮らし
ようこそ!
ON THE BALLへ
\フォローして繋がりましょう/
\この記事をSNSでシェアする/
\SNSをフォローする/
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました