圧倒的な会話量で教室をつくる

IMG_5961.JPG

卒業まで5ヶ月ほどになった6年生の子どもたち…

ほとんどの学習が4人を基本とするチームで進みます。

理科の学習「月と太陽」もみんなで学びを進めています。

画用紙3枚で「月の見え方説明書」を作り発表する。

同じ内容ではありますが、出来上がる説明書はオリジナリティがあり面白い。

文章を書く、絵を描く、色を塗る、発表原稿を考える。

それぞれが得意分野で関わるのでムダがなくなってきました。

ここに至るまで、ずっとやってきたこと…

お互いのストロングポイントを生かすこと

「この部分は、ぼくがやるね。」

「あっ!ここはやってもらえる?」

どう取り組むかという話し合いもスムーズで行動へサッと移る。

ずいぶんと成長したもんだなと教室の後方から眺めています。

どうしてこんな感じにできるかというと不思議かもしれません。

秘訣は、たったひとつしかありません。

圧倒的な会話量

日頃から3、4人の子どもたちが向き合って過ごす教室。

日直が一周すれば、席替えをするので関わりも増える。

子どもたちが、自分たちの課題に向き合って進めてくれます。

そうじだって、給食だって、担任は不要。

もちろん、トラブルもつきものです。

でも、衝突があっても大丈夫。

何が大切か、結果としてどうしたいのかを一緒に共有します。

子どもたちの決断と行動を明確にするのをサポートするだけです。

どれくらい進化して卒業するのか…

楽しみになってきました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
教育小学校教諭の仕事
【著書】「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)

どの子も輝く教室のつくり方

スポーツマネジメント、イエナプランをヒントに公立小学校在職中の実践をもとに書いています。興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

Amazon

明治図書ONLINE

 

記事のシェアはお気軽にどうぞ!
フォローも気軽にどうぞ!
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました