春が近いのに富士山の雪が

教育

久しぶりに快晴となった丹沢・大山の麓。

薄らと雪化粧をした山々と遠くに見える真っ白な富士。

「なんだか真冬より真っ白に感じるのは気のせい?」

首をひねる子どもたち…

教室から山頂もよく見えるので不思議に思うのもムリはありません。

「雨が降っていなかったからとけた?」

「風が強いから吹っ飛んだ?」

「この辺が雨だと雪が降る?」

「そういや南岸なんちゃら…」

「南岸低気圧な!」

「春が近い方が雪が降るってこと?」

「まあ、そういうこともあるんじゃね?」

とまあ子どもたちの頭の中はグルグルと…

あれこれと話しているうちに発見があるのが楽しいんですね。

子どもたちって本当におもしろい。

さてさて…

明日はどんな一日になるのでしょうか(笑)

タイトルとURLをコピーしました