日本酒は國酒である。

日本酒は國酒

日本酒が再び脚光を浴びるようになりました。

日本酒は國酒である。

と美味しい酒の魅力を教えてくれたのは、母の実家近くにある渡辺宗太商店さん。

會津酒楽館 渡辺宗太商店 ウェブサイトへ

會津酒楽館 渡辺宗太商店 ウェブサイトへ

頒布会を始め、美味しいお酒を提供していただいています。

年に3回ほど開催する「會津の酒を楽しむ会」は好評…

日本酒の美味しさと堪能してもらえる企画となっています。

美味しい酒だったので、なんかスッキリしています。

なんてフィードバックをもらうことが多い。

ありがたいですね。

CRAFT SAKE WEEK

CRAFT SAKE WEEK ウェブサイトへ

なんと、中田英寿さんまで初の事業会社「JAPAN CRAFT SAKE COMPANY」(本社・東京)を設立。

酒や工芸など日本文化の本格的なPR活動に乗り出しています。

「人生をかけてもいいというものがようやく見つかった。これは一生続けていくライフワーク。」

世界を知る中田英寿さんの事業展開は、日本酒業界の発展に影響が大きいはず。

私が注目しているのは、日本酒を通して日本の宝を見直すことになりそうだということ。

「食文化や農業、ものづくりの現場を見たときには、日本の『宝』を見つけたと思った。でもせっかく素晴らしいものを作っているのに、PRが下手だったり、海外や時代のニーズをつかめなかったりして、衰退を余儀なくされている。それなら、作り手の情報を消費者や市場に発信すれば、市場がうまく育ち、ビジネスとして成り立つのではないか。そうすれば、多くの人が幸せになれる。それが自分ができることではないかと感じた」 (日経電子版「「第二の人生」へ実業家デビュー、中田英寿氏に聞くより)

Jリーグがサッカーを通してスポーツ振興を図るのと同じような感覚かも…

ボクらが育ってきた時代…

海外にばかりに目が行って、国内の魅力は見ないようにしてきた気がしてなりません。

もっと地元に目を向けることや、古来から大切にしてきたことを再認識すること。

2020年東京五輪に向けて、日本再考みたいな空気が生まれることを期待したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました