会津で生まれたことに感謝する秋

無為心

早朝、目が覚めるほどの雨が降る3連休の朝。

生まれ故郷にやって来て、何とも穏やかな時間を過ごしています。

今日は、祖父母に改めて感謝する一日。

親戚が集まり、菩提寺のお坊さんがやってきて法要が営まれる。

祖父の3回忌であり、祖母の13回忌が執り行われました。

「故人を偲び感謝する時間にしてください。」

お坊さんからの一言です。

祖父母が生まれ育った時代、そして母を育てた時代。

さらにボク自身が育った約50年という年月を振り返りながら一日を過ごします。

戦時中、もしも祖父が海でなくなっていたら母もいないしボクはいない。

戦火をくぐり抜けて来た祖父母がいて母たちがいる。

そして、ボクら子どもたちが生まれて育てられてきました。

戦前のアルバムや戦後のアルバムをめくります。

戦後、22年を経過しようとする頃にボクも登場します。

もう50年以上も前のことなんだと思うとビックリしてしまいます。

でも…

玄関を開けると目の前の光景は幼い頃の記憶とは違って見えます。

田んぼはなく、道路は舗装され会津バスまで走っている。

たしかに道路が建設される光景も見てきたけれど…

自分が知らない時に、どんどん町の風景が変わっていったことがわかります。

それでも変わらないのが家の中の空気感でしょうか。

すぐそこに祖父がいて祖母がいる感じがするのです。

夜は、従兄弟とその息子たちと会津の酒で一献。

時代はめぐり、若い世代の台頭を予感させる時間でもありました。

受け継がれた命のリレー、大切にしたいものです。