育苗に見る子どもたちの成長

育苗中

近所の畑で毎年のように見られる光景…

育苗箱で、田植えに向けて稲が育てられています。

芝生のような姿です。

しばらくすると田んぼに旅立っていきます。

先生、育苗がね…
いちばん大切なんだよ。

以前、勤務していた学校で米農家の方から教わったことです。

丁寧に水やりをする。

苗が自分自身で生長できるように…

田植えの後には、厳しい自然の中で稲穂をつけていく。

カンカン照りが続いても負けない。

台風がやって来ても倒れない。

そんな強さは育苗で決まる。

子ども時代を育苗中と置き換えたら…

過保護に育てるということではなく、人生の荒波に負けないようにする。

自分自身の足で生きていく。

そんな力を身につける原点が子ども時代。

とても大切な時期の子どもたちを預かっています。

教員であったり、スポーツ指導者であったり…

いろんな立場があります。

子どもだからと馬鹿にしてはいけません。

一番、大切な時期です。

しっかりと向き合って、成長のお手伝いができれば嬉しい。

何が正解かはわかりません。

ボクはボクなりに…

精一杯、子どもたちと向き合いたいと思います。

Good Luck.

ようこそ!
ON THE BALLへ
\フォローして繋がりましょう/
教育
\この記事をシェア/

どの子も輝く教室のつくり方

「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)
スポーツコーチング、スポーツマネジメントをヒントにした公立小学校における実践や教師としてのあり方を綴っています。学校の先生、スポーツ指導者、子育て中の皆さまやマネジメントに興味のある方たちへ。
Amazon  明治図書ONLINE

ON THE BALL

コメント

タイトルとURLをコピーしました