✨️Challenge Respect Smile✨️

やるべきことをやりたいように

やるべきことをやりたいように

久しぶりに雨が降ってきた丹沢・大山の麓。

ちょっと春を思わせるような気がする水曜日です。

「自分で学ぶ」

ということは理想的な姿ではありますが…

そう簡単なことではありません。

子どもたちは、それぞれ試行錯誤しながら成長を続けていきます。

みんなが同じように教え与えられるような学びの場ではなく…

それぞれの子どもたちが、それぞれのペースで課題に取り組む教室。

グイグイと前に進む子もいれば、じっくりとゆっくりと進む子もいる。

友だちと一緒に学ぶが故に、おしゃべりが過ぎてしまうシーンもある。

いろんなことが起こるのです。

タブレット端末も使って学ぶことができますが…

子どもたちにとっては誘惑も多い。

ついついやってみたくなってしまうタイピングアプリとか…

探求する課題から少し外れた動画にハマってしまうとか…

「おーい!そろそろ戻っておいでよー!」

と優しく声をかけますが、なかなか戻ってこられないことも。

そこでボクはこう伝えるのです。

「まあ、ついついってのはあるよね。大人だってあるんだし。でもさ、そのままだとやるべきことはいつまで経っても終わらないよ」

「やるべきことって、大抵はめんどくさいよね。でも、どうせやるなら楽しくやってしまった方がいいと思うよ」

「今は、教科書、ドリルだけじゃなくてタブレットまであるんだからラッキーじゃん!」

そんな話をしながら黒板に書いたのがこれ。

「やるべきことを やりたいように」

登る山は決まっているけど、登り方は自由みたいな話です。

この方が目的地に到着できる子どもたちは圧倒的に多い。

「授業が分からないからつまんない」

というような子も激減します。

まだまだ課題はありますけれども…

「やりたいように」

って大切なマインドだと思いますよ。

育て!高性能自立型エンジン!!

タイトルとURLをコピーしました