スポーツ×教育で子どもたちを幸せに!

ゆったりと対話できるといいよね。

対話する文化

ちょっと急ぎすぎてるかな…

子どもたちと一緒に過ごしていて感じることです。

「こうなってほしいな。」という思いがある。

自らポジティブに生きていく人になってほしい。

人に決められて良い子になっているのではなく、自立した人へ成長してほしい。

理想のゴールがあるのだけれど、子どもたちは毎日ちがった表情を見せてくれます。

「お!良い感じだね。」

という日もあれば…

「ちょっと、これじゃダメなんじゃね?」

成長ってのは右肩上がりの直線じゃないことは理解しています。

あっちへウロウロ、こっちへウロウロしながら曲線で成長していくことも分かっている。

でもね…

残りが少なくなってきて焦っている自分がいるんです。

え?まだ5ヶ月あるじゃん?

いやいや…

この子たちと一緒にいられるのは5ヶ月だけです。

慌てずにいこうとは思います。

ゆったりとした気分で行こうとも思います。

でも、大好きな子どもたちのためにボクの持っているカードは全て渡したい。

後は、子どもたちが咀嚼して自分流にアレンジしてくれたらいいのです。

一期一会

子どもたちには一度しかない5年生という時間です。

わずかな進化も見逃したくはありません。

ゆったりとした対話を重ねながら、子どもたちと共に進化していきたいと思います。

土曜参観も楽しんでいこう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
どの子も輝く教室のつくり方小学校教諭の仕事教育
【著書】「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)

どの子も輝く教室のつくり方

スポーツマネジメント、イエナプランをヒントに公立小学校在職中の実践をもとに書いています。興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

Amazon

明治図書ONLINE

 

\この記事をシェアする/
\KUWAMANをフォローする/
スポンサーリンク
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました