Challenge Respect Smile

教室はまちがうところだ

教室はまちがうところだ

ボクが新米だった頃、先輩たちの教室によく掲げられていた言葉。

教室はまちがうところだ

なるほどなあ、面白いこと言うなあ、そうだよなあ。

なんて思いながら過ごしてきたボクですが、すっかり大ベテランの域に入っています。

今では、堂々としているように見えるようですが…

若かった頃は、失敗することにビクビクしていた自分もいました。

今だってね、多少はビビりますよ。

人間ですからね。

失敗しちゃいけない。

なんてガチガチになっていることもあったけど、今は少し違います。

子どもたちには、まちがってもいいからやってごらんと言うのに自分ができないのもどうかなと…

スポーツの世界にどっぷりと浸かってきたボクは、ある時に気づいたんだです。

失敗を怖がるよりも、リカバリーが大切だっていうことに…

チャレンジするからエラーがあるんだよ。

ある人が言ってくれた。

そっか、たしかに動き続けているからエラーが起きる。

動かない人にはエラーなんて起こらない。

次のステップに行くためには、痛みも伴ったりする。

大好きなスポーツの世界だとできるのに、なんで仕事だとできないんだろう。

仕事が、まだスポーツのように楽しめてなかった時代があったんでしょうね。

今は、そんなこともありません。

良い意味で批判も受け入れながら進化したいと思えるようになった。

教室でまちがえながらリカバリーして進化を続ける。

そんな感じでしょうかね。

そろそろ40代も終わりですが、まだまだ進化を遂げなくちゃな…

さあ、今日もまちがってくるかな(笑)

Good Luck.

[amazonjs asin=”4901330403″ locale=”JP” title=”教室はまちがうところだ”]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
イエナプランどの子も輝く教室のつくり方小学校教諭の仕事教育
【著書】「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)

どの子も輝く教室のつくり方

スポーツコーチング、スポーツマネジメント、イエナプランをヒントにした公立小学校在職中の実践を中心に書いています。小学校の先生、スポーツ指導者、マネジメントに興味のある方の参考に。

Amazon  明治図書ONLINE

\この記事をシェアする/
\KUWAMANをフォローする/
スポンサーリンク
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました