Challenge Respect Smile

大切な教室のスタイル

みんなで学ぶんだ

教室っていうところは、ある意味で画一的で閉鎖的で他人の目が気になる場所です。

みんなが黒板を向いていて、先生の質問に元気よく手を挙げて答える姿が美しい。

おしゃべりせずに一生懸命にノートに文字を書いている姿が美しい。

ムダな動きをせず無言で一心不乱に掃除をする姿が美しい。

そうしていくうちに…

みんなと同じように行動することが正しいと信じてしまう。

同じように行動できない子たちは除け者扱いにされて排除されていく。

意味の分からない序列が生まれて「いじめ」につながる。

その一方で…

教室は形にとらわれずオープンで他人の力を借りることのできる場所にもなります。

みんなが顔をつきあわせていて課題に一緒に取り組む姿が美しい。

にぎやかに対話しながら一生懸命にノートに文字を書いている姿が美しい。

自分たちで考えながらワイワイと話しながら掃除をする姿が美しい。

そうしていくうちに…

みんなでアイデアを出し合って行動することが楽しくなってくる。

意見の違う子でも認め合って、新しいやり方でチャレンジし続ける。

みんなが同じ目線なので、お互いに「リスペクト」が生まれる。

毎年のように、そんなクラスをゴールに目指してボクは一年を過ごしています。

子どもたちのチャレンジとリスペクトを感じることができる教室

みんなのスマイルがあふれていたらホッとします。

残りは2日です。

今日もはりきっていこう!

Challenge! Respect! Smile!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
どの子も輝く教室のつくり方小学校教諭の仕事教育
【著書】「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)

どの子も輝く教室のつくり方

スポーツコーチング、スポーツマネジメント、イエナプランをヒントにした公立小学校在職中の実践を中心に書いています。小学校の先生、スポーツ指導者、マネジメントに興味のある方の参考に。

Amazon  明治図書ONLINE

\この記事をシェアする/
\KUWAMANをフォローする/
スポンサーリンク
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました