2520億円もする新国立競技場は不要

国立競技場

残念なニュースが飛び込んできました。

2020年東京オリンピック・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場について、運営するJSC=日本スポーツ振興センターが開いた有識者による会議で、改築費は斬新なデザインにこだわるなどした結果、当初よりも900億円多い2520億円になることが決まりました。膨大な建設費に批判が集まるなか、5年後に向けた計画が進められることになりました。

膨大な建設費は大問題。

どう考えたって2520億円は高すぎるでしょう。

おまけに東京都民から500億円の税金を奪って造るという馬鹿げた話。

それだけのお金があったら学校教育や福祉にも回してもらったほうが良い。

最も多いおよそ765億円は、「キール・アーチ」

神宮の杜にあのような姿の国立競技場は似合わないと思うのですが…

屋根だけに過去のオリンピックスタジアム建設費を上回る。

奇妙な話です。

遠藤オリンピック・パラリンピック担当大臣の談話。

「建物の特殊性という意味で『費用が高い』と言われれば確かに高いと思うが、ある程度はやむをえない。後ろ向きではなく逆にPRして世界に発信していくという思いで造ったほうがよい」

世界に笑い話を発信するんでしょうか。

人よりコンクリートへ金をつぎ込む日本

そんな国であっては、国の未来はありません。

なぜ、2520億円もする新国立競技場が必要なのか

「造ることで国民に利益がある」ということが明白ならわかりますが…

税金が使われるのですから再考してほしい問題です。

2520億円もするのなら新国立競技場はいりません。

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!