朝ランで開く感性のスイッチ

朝ランで開く感性のスイッチ

朝ランをしていると自然を感じることができます。

地球の大きさというか宇宙の奥深さというか…

自分と対話する貴重な時間でもあります。

リズミカルに足を出しているうちに身体のあちらこちらにあるセンサーが起動します。

一歩ずつ大地を踏みしめて走る。

そこには、ありのままの自分しか存在しません。

飾らず、見栄を張らず、自然体の自分がいるのです。

そんなことをしていると感性のスイッチみたいのものがオンになります。

見るモノや感じるモノを素直に見つめることができるスイッチでも言いましょうか…

自分のフィルターが外れて物事をシンプルに見つめることができる。

そして、いろんなことが素直に入ってくる感じ…

センサーが起動するっていうよりもリセットされる感じでしょうか。

何にも考えずに風呂に浸かっているような感じにも似ている。

禅と同じなのかな。

朝ランもボクにとっては必要な時間です。

ボクがボク自身でいられますように。

Good Luck.

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!