サッカーに求められる修正力

夕闇せまるグランドで

朝から社会人サッカーのTM、夕方から夜にはU-13公式戦。

なかなかハードな3連休のスタートになりました。

TMは30分弱だけの出場、若者たちの中とはいえ悔しいもんです。

確かに経験もあって若い彼らには負けてしまう点もある。

愚直にできること全力でやりたいと再確認した時間…

U-13の公式戦は最終戦。

残念ながら降格が決まってのゲームでした。

彼らにとっては悔しさもあると思いますが、逆にバネにして成長してほしいもの。

サッカーも失敗の連続なんですからね。

シュートがクロスバーを叩きビッグチャンスを逃すなんてこともある。

ちょっとしたミスからボールを奪われて失点に繋がることも…

相手との駆け引きなどもあり一つのボールを巡って攻防が繰り広げられる。

プレー中にいちいち悔やんでいてもボールは止まってくれません。

時計の針は動き続けるので切り替えはダイジです。

ここで求められるのが修正力です。

同じことを繰り返していたら、同じ失敗を繰り返すことになります。

さっさと頭を切り換えて修正すればいいのです。

どんな現象が起こっているのか。

お互いのポジションは?

動くタイミングは?

いろんな状況を見ながら…

しっかりと見極めて即修正。

そうやってチームとしても個人としても進化していくことが大切。

どんな組織でも同じですよね。

必要なのは「修正力」

ペロって舌を出して次へ行けば良いのです。

Enjoy Football.

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!