早起きと読書と朝ランの話

冬の朝は美しい

 

朝は4時台に目が覚めます。

体内時計が勝手に動いちゃう。

「そろそろ、そういう年齢なんじゃない?」

とか冗談交じりに言われることもありますが、そうではありません。

誰にも邪魔されることなく静かに過ごせる。

ボクにとっては、とても貴重な時間です。

目が覚めて珈琲を淹れて本を読む。

気になるところはノートにメモしたり、ブログにまとめてみたり…

朝は頭もクリアで気持ちよくページをめくることができます。

読書をした後に朝ランに出かける日もあります。

お気に入りのコースを5kmほどノンビリと30分ほどかけて走る。

夜が明ける空気感がたまらなくいい。

山道へ入っていくと鳥や虫たちが目を覚ます声が聞こえてくる。

こんな綺麗な朝焼けを見ることができる日は嬉しくなります。

ボクはなぜ早起きをして読書をしたり朝ランをするのでしょう?

「気持ちいいから!」

よく考えてみたら、たいした理由はありませんね。

快感を得られるから早起きなだけですね。(笑)

さて、今日も一日がんばります。

Good Luck.

雑記 ランニング
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
記事をシェアして繋がろう!
KUWAMANをフォローして繋がろう!
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました