冬空の樹木を見上げながら感じること

冬の散歩道

とある冬の散歩道です。

雑木林の向こうに青空が見えます。

とても綺麗なスカイブルー。

大地から空に向かって伸びてゆく樹木を見ながら考えます。

「同じエリアで育っているけれど、それぞれ枝の伸び方が違う。」

「同じ種類の樹木であっても、背丈も違えば枝振りも違う。」

「みんな同じ樹木じゃん!」

そんなふうにザックリと見てしまっていたけれど、よく見ると表情が違う。

冷たい風が吹いてきます。

そんな風を心地よいと感じている木もあれば、寒くてツラいと思っている木もある。

そんなこともあるのでしょう。

「子どもたちだったらどうだろう?」

「ボクに関わりのある人たちだったら?」

と考えるとちょっぴり複雑な気分になります。

相手に寄り添っているつもりが、実は迷惑なことなのかもしれない。

見方を変えるとあれこれ考えさせられます。

視点の置き方、どこからどう見るのか?

他者に共感することって、とても難しいものです。

樹木を見上げながら、そんなことを考える金曜日でした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ウォーキング
記事のシェアはお気軽にどうぞ!
フォローも気軽にどうぞ!
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました