準備しすぎず動きながら考えてみる。

個々面談のポジション

何かをするには、計画が大切です。

確かにその通りですが、計画に時間がかかりすぎて実行に移せない。

そんなことが多々ありました。

何かをするためには、そのための準備も必要です。

しっかりと準備をして授業に臨む。

ところが…

綿密に計画を立てることや用意周到に準備しすぎるとパニックに。

「あんなに準備したのに、子どもたちの反応が…」

筋道通りにはいかないものです。

そんなことでストレスを溜め込んでいくうちに

「準備も計画も適当にやっておこう。」

ってことにしました。

「子どもたちの反応を見ながら、どっちへ転んでもいいようにしよう。」

サッカーやバレーボールと似ている。

相手がいることなので、ゲームに流れがあります。

ボクの出すパスやシュートで状況が変化する。

相手の状況に応じてボク自身がプレーを選択していく。

それでも、ちゃんとゴールは見えてくるのだから…

「準備しすぎず動きながら考えてみる。」

そんな感じの時があってもいいよね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
小学校教諭の仕事
【著書】「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)

どの子も輝く教室のつくり方

スポーツマネジメント、イエナプランをヒントに公立小学校在職中の実践をもとに書いています。興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

Amazon

明治図書ONLINE

 

記事のシェアはお気軽にどうぞ!
フォローも気軽にどうぞ!
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました