ベンチのある教室で流れる思考ツール

教室にベンチを置くだけ!

「ただ、ベンチを置いているだけじゃダメですよね。」

「何か子どもたちに話していることとかありますか?」

ベンチのある教室を見ていただいた後にうけるよくある質問。

「んー?何だろう?」

ちょっと振り返ってみたら、こんな記事を書いていたので紹介します。

10月も最終日... 5年生になってから7ヶ月が経過しています。 36名の子どもたちは、見た目も内面もグッと成長している...

こちらでは、成長曲線の話をしています。

左下のSTARTから右上のGOALまで波線を書きます。

行ったり来たりしながらも成長することを表しています。

「解散する時に、どうなっていたい?どんな気分でいたい?」

機能と情緒はワンセットというお話も…

「自分からできることを探せる人は、どうして強いのか。」なんて話もしています。

好きなこと、やりたいこと、得意なことから始めることの大切さ。

やらされ感で動いたらダメだと言うこと。

自分でやれる人は強いですからね…

本能が行動を決めることについても触れています。

「先生!こんなことになっています!」 「おー!事実報告ありがとう!で?」 なんて会話が繰り広げられるベンチのある教室… ...

そして、目の前の課題に対処するために必要なこと。

「事実を捉える→理想の姿を考える→手立てを決めて行動する」

ことについては、こちらで具体的なエピソードが書かれています。

こういった思考ツールを渡して、自分たちの日常に当てはめて考えてもらう。

どんな場面でも活用できる考え方とでも言いましょうか?

さらに、3つの質問を加えればいいかなと思っています。

「そこにチャレンジはあるのか?」

「そこにリスペクトはあるのか?」

「そこにスマイルはあるのか?」

ベンチのある教室のチャレンジは続く。

この記事をお届けした
ON THE BALLの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!