心地よいフェイエノールトスタジアムの話

フェイエノールトスタジアム

「サッカーを愛する皆さん、ご機嫌いかがですか?」

2012年夏に観たフェイエノールトのホームゲーム。

ロッテルダムは35度という暑い一日を過ごしてからのナイトゲームは素敵でした。

なんと言っても歓声が凄い。

入場時にはサポーターが大合唱する。

ちゃんとサッカーを知っている人たちが、いいタイミングで歓声をあげる。

子どもの頃に観ていた三菱ダイヤモンドサッカーを彷彿させる。

「あー!これがヨーロッパサッカーなんだな。」

明らかにJリーグとはサポーターのクォリティが違う。

ちょっと興奮気味だった目の前にいた高校生らしき少年は、後ろにいるボクを気にしている。

「あ!ちょっと興奮しちゃったな!」

という感じで振り返っては、頭をちょこんと下げるのです。

「大丈夫だよ!」

と笑顔で返すボクは、あまりの心地よさに試合中に眠ってしまうという(笑)

サッカー好きなボクにとっては、心地よすぎてたまらない空間でした。

なんで急に思い出したかっていうと…

しみじみ「心地いい空間」って大切だなって思うからです。

教室もこうありたいなあ。