子どもを支える大人が笑顔になる【STC2022】

「個性的なデザインがあふれる学校」 inオランダ

JenaXL

朝からZwolleにあるJenaXLと呼ばれるセカンダリースクールへ。

オランダには5校しかいない中等教育学校のひとつです

なかなか広まらないのはカリキュラムを組むのが難しいからだとのこと。

日本と同じように教科ごとの壁が立ちはだかっています。

課題です。

素敵なエントランス

ビックリするのは、入り口がこんな感じ。

いわゆる事務室のような機能を持っている場所です。

まるでバーのような空間…

ここの左側にあるスペースがラウンジになっていて、ランチタイムなどで利用が可能です。

子どもたちが自由に使えるキッチンまであるのもいいですね。

校長先生が不在なので3人の学生さんたちが案内をしてくれました。

一生懸命に英語で話してくれるので感動。

ツリーハウス

90分ほどして近くの小学校へ移動。

こちらでは校長先生が学校の中を案内してくれました。

オランダで勉強中のスペインからの学生も一緒で、ちょっとした国際交流に。

校舎の裏庭には、こんなスペースがあります。

2週間前に完成したそうで、とても素敵なツリーハウスです。

年がら年中、いろんなものを造り続けているのも興味深いです。

グラフィックファシリテーション

最上階にあるミーティングスペースには、こんなグラフィックが…

みんなで話し合ったものを分かりやすく描いて掲示してあります。

先生たち全員が共有できるVisionやMissionが1枚になっているのはいいですね。

ちなみにアーティストがグラフィックファシリテーションをしてくれたそう。

こういうのって日本の学校でもあるといい。

午後は、こんな光景を眺めながら再びDeventerへ。

校内研修は、子どもたちの授業計画について。

講師を招いて、子どもたち自身が立てる計画について困っていることなどを共有。

残り1日となりました。

先生たちの授業チェックもあるし、取材も受ける模様。

噛みしめながら最終日を過ごします。

Good Luck.

 

ようこそ!
ON THE BALLへ
\フォローして繋がりましょう/
教育
\この記事をシェア/

子どもたちを支える大人が元気になる

子どもたちを笑顔にする前に、
まずは大人たちが笑顔じゃなくっちゃね!

第4期(8月)クルー募集中!

「チャレンジ」「リスペクト」「スマイル」
をあなたに

心おどる未来像を描いてみませんか。

どの子も輝く教室のつくり方

「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)
スポーツコーチング、スポーツマネジメントをヒントにした公立小学校における実践や教師としてのあり方を綴っています。学校の先生、スポーツ指導者、子育て中の皆さまやマネジメントに興味のある方たちへ。
Amazon  明治図書ONLINE

ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました