雨の日のタンポポを眺めながら

雨の日のタンポポ

朝から雨が降る一日。

ボクは開校準備中の学校を行ったり来たり…

そんな時間の中で見つけたのが、こちらのタンポポです。

「おー!雨の日のタンポポってこんなふうになるんだなあ。」

と思わずしゃがみ込んでパシャリ…

お日様を浴びているタンポポの綿毛は思いっきり広がっている。

ところが、雨の日は閉じている。

「今日は雨だから僕たちは飛ばないんだ。だって遠くまで飛んで行かれないからね。」

そんなことを主張しているようです。

「あー!こうやって雨に柔軟に対応しているんだな。」

自然界のメカニズムの一端を見た気がします。

ところが、ボクら人間てのは…

というよりも現代人のボクらだけかもしれないけれど…

いろんなものに抗おうと無理しているのかもしれない。

「○○だから我慢しないと」って頑張りすぎちゃう。

もちろん、ちょっとしたハードルを越えて成長していく。

それでも、走り続けていたらバランスも崩れてしまいます。

7つの習慣にも「刃を研ぐ」っていう項目がありますよね。

要するに本来の力を発揮するにはメンテナンスすることも重要ってことです。

完全に休むことも大切。

「雨のは休みだ。無理しても何もできないからなあ。だから晴れの日は元気に働ける。」

以前、米作りでお世話になった酒屋兼農家のおじさんのことを思い出しました。

みなさん、上手に休んでくださいね。