子どもを支える大人が笑顔になる【STC2022】

知らない世界へ踏み出す力

久しぶりの曇り空ですが台風接近もあるのか蒸し暑い日曜日。

丹沢・大山の麓でも雨が降り出して大地には少しだけ潤いが…

ちょっとホッとさせられます。

そんな天候の下で秦野市内を車で走り回る一日。

明日、我が家のサッカーボーイズ3号は再び英国へ。

帰国して約1ヶ月半、母校の臨時コーチをしたり、旅行に出かけたり…

いろいろとやっていました。

ありがたいことに自らボールを運ぶことを教えてくれた子ども時代がある。

ボクも所属していた少年サッカークラブで受け継がれたDNA。

子ども時代に自分でボールを運ぶことの楽しさを身につける。

すると新しい世界が楽しくてしょうがない状況になるんだろうなって思う。

だから何でも自分で決めて進んでいく。

そんな彼と話していると本当にサッカーの世界は広い。

さらに世界はなんて広いのだと痛感させられます。

そして、自分の存在などはなんと小さなことかとも…

毎日が「アンラーン」な状態でした。

「指導者は学び続けなければいけない」

とは言いますが学びはいつだって追いつかない。

やってもやっても次の扉が開かれてしまうから…

学ぶってことは「知らない世界へ踏み出す力」に繋がる。

サクッと踏み出す力は若い方があるけれど50代だって遅くないよね。

あらためてそう思った1ヶ月半も今日で一区切り。

ということで…

暑い夏も熱い毎日を!

チャレンジは続く…

ようこそ!
ON THE BALLへ
\フォローして繋がりましょう/
教育
\この記事をシェア/

子どもたちを笑顔にする前に、
まずは大人たちが笑顔でいよう!

第4期(8月)クルー募集中!

子どもと大人が笑顔になるパーソナルコーチング

「チャレンジ」「リスペクト」「スマイル」
をあなたに

どの子も輝く教室のつくり方

「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)
スポーツコーチング、スポーツマネジメントをヒントにした公立小学校における実践や教師としてのあり方を綴っています。学校の先生、スポーツ指導者、子育て中の皆さまやマネジメントに興味のある方たちへ。
Amazon  明治図書ONLINE

ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました