冬の先には必ず春がやって来るんだ。

知らない世界がいっぱいあるね

ちょっと疲れているのだと思う。

夏は太陽に負けないほどに元気なキミがいる。

でも、今のキミは元気がない。

落葉樹が色づいて葉っぱたちも地面に吸い込まれていく季節です。

とても寒い日が続くことになるでしょう。

そんな落葉樹は極寒であろうと大雪が降ろうとじっとしています。

それでも目に見えないところでは確実に春に向けて蠢いている。

「本当に春はやって来るのかな。」

「そして、夏には元気いっぱいに動けるようになるのかな。」

気がかりになることもあることでしょう。

様子を見ているボクは、心配ばかりしている。

でも、心配しているだけじゃダメだなって思っているのです。

だって、今だって毎日できることがあるじゃない。

だから、目の前のことに集中して今の自分にできることする。

ボクは、一所懸命に毎日を生きようとしているキミを知っている。

そして、そんなキミを全力で支えたいなって思うんだ。

きっと元気になるって信じているからさ。

だから、ゆっくり歩もうね。