親子3代にわたり世話になっている理容店の話

親子3代でお世話になっている

小田急線の東海大学前駅前にある「hair salon KOSAWA」

かれこれ45年近くにわたってお世話になっています。

この地に引っ越してきたのが小学校2年生の時…

今では信じられないかもしれませんが、牛が踏切を渡っていた(笑)

当時の駅名は「大根(おおね)」

木造駅舎の改札は小田原方面向かう下り側にあり、新宿方面には線路上を渡るという…

とてもローカルな駅でした。

線路脇には桜並木もあって、とてもノンビリとした風情ある駅前でした。

そんな頃に連れて行かれたのが「コサワ理容」

サッカーボールを一緒に蹴っていた一つ上の先輩の家でもあります。

先輩はRADISHの初代キャプテンであり父さんは初代後援会長。

試合に出かける時の集合場所は店の前でした。

冬は焚き火をしてくれていて暖を取ってから電車に乗ったのが懐かしい思い出。

駅前開発の波にさらされて2度の移転をすることになりますが…

今では、先輩に切ってもらっています。

ただ髪を切ってもらうだけではなく様々な情報を共有する。

年齢もあってか、最近は健康のことなどがメインになってきましたが…

ただ切ってもらうだけではなく街の情報を共有できるところもありがたい。

何よりも子どもの頃から世話になっている理髪店なの安心感もハンパない。

こういう空間は大切にしたいものです。

もしもコサワさんがなかったらRADISHもなかっただろうしね。

そして、我が家のサッカーボーイズもサッカーできなかったかもしれない。

そう考えると感謝の気持ちしか湧きいてきません。

パリッと切ってもらったので明日からも頑張れそうです。

Thanks.

タイトルとURLをコピーしました