意外な組み合わせも面白い。

意外な組み合わせも面白い。

頒布会で届く酒は、いつも丁寧に新聞紙にくるまれています。

今回の酒も「福島民報」にキッチリと包まれていました。

「天明」で有名な曙酒造さんの酒は、いつものラベルかと思いきや…

こんな感じのオシャレなラベルでした。

そのまま海外へ出せるような感じですね。

会津にも、大小様々な酒蔵があり個性を持った酒造りが行われています。

時には、おばあさまが筆で書いたというラベルがあるなど思い入れもたっぷり。

「日本酒といえば、やっぱり筆文字じゃね?」

という感じですが、このラベルにはやられた感じがします。

こういう組み合わせも、なんだか新鮮だなって思うのです。

「○○といえば、これ!」

みたいなことは、世の中にいっぱいありますよね。

例えば、「ビールには枝豆」とか(笑)

「子どもにはこれ!」みたいなものもある。

でもなあ、それって固定観念に縛られている感じもするのですよ。

ついつい「普通はさ…」なんて口にしてしまうこともある。

でも…

意外な組み合わせが奇跡を生むようなこともあるんですよね。

もちろん、瓶の中身も最高ですが意外性のあるラベルでプレミアム感も出る。

こういうのって大切だよなあ。

ちょっと捻ってみることでグッと素材が映える。

もっと柔軟に物事を見ようって思える一本です。

もちろん…

この「天明」ホント美味しいです。

素敵な一本にも感謝!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました