【著書】「どの子も輝く教室のつくりかた」(明治図書)

ラベンダーの向こう側で

ラベンダーの向こう側で

ラベンダーが所々に咲く大日向小学校。

いい香りがするので摘んでいる子もいます。

日照時間が長く乾燥しやすいこともあって枯れている時期が長い。

それでも梅雨の時期には綺麗に咲いてくれるが嬉しいですね。

他にも普段は目に留まらない場所に咲いているラベンダーもある。

西日しか当たらない場所にあるので探してみてほしいなあ。

ラベンダーの脇を通って登校してくる子どもたち…

毎日毎日、それぞれの物語が刻まれています。

それぞれの興味関心も違う。

学習に取り組むタイミングや学習に向かう姿勢も違う。

想像以上に多くのアプローチがあるのが興味深いです。

同じようなプログラムを提供して学ぶというスタイルではない。

個々の興味関心や得意不得意を考えながら学び方を考える。

それはとてつもなく大変なことで苦労も多いのだけれど…

このラベンダーに全く関心を示さない子だっている。

逆に夢中になって摘んでいく子もいる。

ボクは花が気になるけれど、他の人たちはそうでもない。

それと同じ…

そんなことを考えると、やっぱり一人ひとりの物語って大切だよね。

子どもたち、保護者の皆さん、教職員の皆さん、地域の皆さんetc.

学校にいる人たち、一人ひとりの物語を大切にしなきゃですね。

タイトルとURLをコピーしました