【著書】「どの子も輝く教室のつくりかた」(明治図書)

「森の巨人」に会って来た。

大日向探検に出かけた水曜日。

学校近くの3区を歩き回る「大日向ふしぎ発見」

異学年ごちゃまぜのチームごとに5カ所のチェックポイントではスタンプをもらう。

チェックポイントを探しながら途中で様々なものを発見します。

それは初めて見る花だったり、不思議な実だったり…

小さな水路を歩く沢ガニだったり…

「くわまーん!みてみてー!こんなのみつけたよー」

なんて高台に立つボクに次々と披露してくれた子どもたち、素敵な笑顔です。

さて…

午後は研修と下見を兼ねてとコブ太郎へ。

いつも学校の目の前に見える茂来山へ行く途中にある大きなトチの木です。

茂来山
手軽な登山体験ができる山
信州百名山の一つ。標高は1,717mであり、関東圏一円の中で手軽な登山体験ができる山として人気があります。登山道は槇沢(まきざわ)、霧久保沢(きりくぼざわ)の二つがあり、山頂までは約2時間です。山頂からの眺望はよく、お嫁さん(お婿さん)をもらいたい縁結びの山として知られています。かつて皇太子が独身の頃にこの山に登り、頂上に記念碑が設置されています。
コブ太郎また、霧久保沢コースの途中には、日本「森の巨人たち百選」に選ばれたトチノキ・コブ太郎に出会うことができます。(樹高:22m 幹周:531㎝ 樹齢:推定250年)

茂来山(トチノキ・コブ太郎) | 長野県佐久穂町観光協会公式ホームページ 旅行・観光情報

霧久保沢の駐車場より1km下にある橋からスタートです。

駐車場へ向かう道は沢を右手に見ながら進みます。

途中で山椒を見つけたり、たたらば遺跡や洞窟の入口を眺めたり…

駐車場までも十分に楽しめます。

霧久保沢の駐車場から沢を越えて登山道に入ります。

なかなかの本格的な登山道です。

ゆっくりと森の中を歩くと癒やされますね。

聞いたり、花を見つけたり…

とても小さな黄色い花を発見。

なんていう花なのかなあなんて思いながら歩き続けます。

気温は低めですがジメジメとしているので汗をだいぶかきながらの約70分。

目の前に「森の巨人」が現れました。

コブ太郎

大きさに圧倒され…

生命力をに感動し…

凜と立つ姿に勇気をもらう。

いい一日でした。

タイトルとURLをコピーしました