子どもを支える大人が笑顔になる【STC2022】

自由な発想をいつまでも

自由な発想を大切に

時代は巡る。

我が家のサッカーボーイズたちが浸かっていたJENGAと動物の人形で遊ぶ孫1号。

3歳の彼はボールは大好きだけど、こんな遊びも好きなのは父親譲りか。

JENGAは積み木にもなるし、こういったサファリパークの土台にもなる。

この動物たちは、富士サファリパークで買ったと記憶している。

さらにポケモンの指人形たちもいる。

なんだか時代を超えて再び使われていることが嬉しい。

「もっとこうしたらいいんじゃない。」

って話をすると…

「これでいいの!」

なんて具合に速攻で却下されるのも面白い。

ついつい大人の視点からアドバイスをしてしまっているのが残念。

楽しんでいる子どもたちの姿から始めていないのが課題ですね。

彼らの自由な発想は絶対に奪ってはいけません。

そう強く感じた休日でした。

ようこそ!
ON THE BALLへ
\フォローして繋がりましょう/
教育
\この記事をシェア/

子どもたちを笑顔にする前に、
まずは大人たちが笑顔でいよう!

第4期(8月)クルー募集中!

子どもと大人が笑顔になるパーソナルコーチング

「チャレンジ」「リスペクト」「スマイル」
をあなたに

どの子も輝く教室のつくり方

「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)
スポーツコーチング、スポーツマネジメントをヒントにした公立小学校における実践や教師としてのあり方を綴っています。学校の先生、スポーツ指導者、子育て中の皆さまやマネジメントに興味のある方たちへ。
Amazon  明治図書ONLINE

ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました