【発売中】「どの子も輝く教室のつくりかた」

久しぶりの腰痛で再認識したこと

久しぶりの腰痛で考えたこと

ここ数日、違和感の出ていた腰回り。

朝になって起き上がれないという事態にホント焦りました。

身体を起こそうとすると腰というより臀部に激痛が走るのです。

これ以前にも痛みが出たことがあった場所。

足が抜けるような感覚があったり、痛点がピリッときたりとイヤな感じなのです。

「姿勢が悪いのかな?」

ここのところ、パソコンの前にいることが多い。

「筋肉が凝り固まっているのかな?」

学校は休校ということもあり校舎を歩き回ることが減った。

「あれこれと考えていてストレスがあるのかな?」

今後について情報収集は欠かせないし不安な点も多いしね。

「仙骨」の痛みだということは分かっている。

安静が一番なのですが、できるだけ早く動きたい。

ということで筋肉を温めてほぐす。

といっても一人では限界もあるなと思っていたら新スタッフに専門家が。

あれこれと教わって少しずつ改善しそうな予感がします。

朝、動けない時に考えたこと。

「痛いけど生きている」

そろりそろりと起き上がって考えたこと。

「あ、これなら動けるな」

なんとなく調子に乗って動けそうな時に考えたこと。

「ゆっくり内側から動かさないと再発するぞ」

歪みは痛点にはなく周りからです。

そして、小さな筋肉から調整をしていくことが大切。

「やっぱりアウターじゃなくてインナーだよね」

なんでもそうだけど内側は大切だし、小さなことからの積み重ね。

まずは自分の健康状態に気を配るが一番はじめ。

そんなことを再認識するのでした。

皆さんも健康第一でね!

(2020/04/24記)

健康
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました