【発売中】「どの子も輝く教室のつくりかた」

豆苗の水耕栽培は何回まで?

豆苗の水耕栽培を楽しむ

今日は朝から曇り空、午後からは雨も降った土曜日です。

カーテンを開けたら出窓に置いてあった豆苗がグンと伸びていました。

「おー!こりゃあすごいね!」

こういうのってなんだか凄い。

となりの人参くんも可愛らしい葉っぱをつけています。

こういうの観察記録とかつけたら面白いよね。

我が家のサッカーボーイズたちと豆苗の水耕栽培はしなかったなあと反省。

ちょっと摘まんで食べてみる。

「美味しいじゃないの!」

そう思っているうちに勝手に手が伸びて摘まんでは口にいれる(笑)

こういう生命力には心を動かされます。

そして、ふと疑問が湧いてきました。

「豆苗は何回まで再収穫できるのか?」

豆苗の再生栽培で行う育て方やコツを解説!何回まで再収穫ができるの?
癖が少なくシャキシャキとした食感が好まれる豆苗という野菜。市販の食べ終えた豆苗を使って再収穫する再利用を試す人が増えています。豆苗の再生方法とは?何回再収穫できるのか。豆苗を育てる人のための上手な再生栽培のやり方育て方をお教えします。

こちらで調べてみました。

再生収穫におおくあがる疑問についていくつか触れていきます。まずは、再生栽培は何回可能かということ。ほとんどの場合、2回目で収穫をやめています。何回も食べたい人はその後は土に植えることをおすすめします。しかし、3回目も水栽培できないわけではありません。株の様子を見つつ、元気が良さそうであれば試してみるのもよいでしょう。

なるほどなあ。

根っこの様子を観察しつつ行けるところまで行ってみよう。

ということで再収穫にチャレンジです。

といっても水をあげるだけなんですけどね。

さて、どうなるか…

乞うご期待!

自然
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました