【発売中】「どの子も輝く教室のつくりかた」

プルーンの摘果を楽しむコツ

プルーンの摘果を楽しむコツ

梅雨の晴れ間、そして湿度も低めで嬉しい青空の一日でした。

朝イチで子どもたちとプルーンの摘果へ。

「なんか良い方法はないかなー?」

月曜日の摘果の様子を見ていて考えたこと。

「ゲーム性がほしいな」

「もっと効率を上げたいなあ」

「夢中になっちゃう工夫もほしい」

「どうやったらいいかなあ」

午前4時のことなんだけども思わずひらめいちゃいました。

「そうだ!あれを持って行こう」

「きっと楽しくなるはずだ」

「そして摘果する量も増えるはずだ」

ということで用意したのは青いバケツ(笑)

そして…

勝手に「第362回プルーン摘果チャンピオンシップ」と名付ける。

戦略を意識していつつ摘果を通して計画、実行、ふりかえりを体験する。

そんな裏の目的もありました。

1ラウンド15分を3回。

だんだん慣れてくるし、戦略も見直しつつ進めていく子どもたち。

何だか楽しい。

気がつけば、あっという間の45分間。

プルーンの摘果を楽しむコツはバケツを持っていくこと(笑)

ちょっとした一工夫でした。

みんなお疲れ様でした!

自然
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました