スポーツ×教育で子どもたちを幸せに!

見えない山頂を目指す旅の途中

見えない山頂を目指す旅の途中

不覚にも4時30分のアラームで目覚める月曜日。

いつもなら目覚まし不要なのに何だろうなあ。

そして、ダラダラと布団の中にいた。

まあ、そんな日もある。

かといってバタバタする朝かというとそんなこともない。

逆に少し余裕があるから不思議だ。

「誰もが、豊かに、そして幸せに生きることのできる世界をつくる。」

そんな建学の精神を掲げている学校で働いている。

これね、本当に難しいこと。

今朝の茂来山のように見えづらい。

「誰もが」って思うと「誰かが」苦労していたりする。

世の中だれひとりとして完璧な人なんていないよね。

みんながみんな未熟な存在なんだから助け合う。

だけど、人間にはエゴってものがあってこれが厄介なんだ。

ボクなりの定義いうと自分だけが幸福感を抱くのは罪だ。

自分さえ良ければ、自分の思い通りになればいいってのは傲慢でしかない。

目の前にいる人を笑顔にすることが先でしょ。

楽しそうにしている人の笑顔を見るから幸せになれる。

幸福感は双方向でなければならない。

そのためには「自分にとって」よりも「相手にとって」が大切なんだよ。

もちろん無理はしてはいけないけどね。

「自分も幸せ=相手も幸せ」が理想だろうけれど…

ボクの場合、49対51で相手が幸せくらいが一番いいというか落ち着くんだよね。

そもそも登りたい山はそれぞれ違う。

だから、一人ひとりの登りたい山、つまり人生をリスペクトしたい。

なのにね…

「いやいやそれは違うでしょ!」

なんて言って他者の歩む道をコントロールしてしまう人も世の中にはいる。

それはベンチの監督を見ながらプレーするサッカー少年を生み出すのと同じ。

一人ひとりの子どもたちが歩む道は、その子だけが持つ唯一無二の道。

それぞれの人生は、その人だけのものなんだよね。

もっと一人ひとりの幸せを考えて行動できる人になりたい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
雑記
\この記事をシェアする/
\KUWAMANをフォローする/
スポンサーリンク
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました