旧大日向保育園の解体が始まる

旧大日向保育園の解体が始まる

2月になりましたね。

「1日から始めますのでよろしく!」

とだけ伝えられていた旧大日向保育園の解体工事。

8時過ぎにはトラックが到着して準備が始まった。

いつも顔を合わせている建設会社の社長さんもやって来た。

現場での最終的な打ち合わせも終えて作業がスタート。

ボクが校舎へ戻っている間に重機も登場。

ちょくちょく見に行くと風景が少しずつ変わっている。

まず、西側のフェンスを壊してスロープができダンプが入れるようになった。

その次に、滑り台が重機で掘り起こされて倒される。

昼過ぎにはブランコまでなくなっている。

それにしても重機の力は凄いもんだ。

壊すのは一瞬なんだな。

地域の子どもたちが過ごした園舎だから何だか申し訳ない気持ちになった。

でも、新たな校舎を建設するので完成したら見に来て欲しいな。

閉校となった場所に学校が再びできて少しは喜んでもらえるはずだしね。

順調にいけば2月末には更地になっているらしい。

これからどんな風景を見せてくれるのか。

しっかりと見つめていきたいと思う。

そんな2月のスタートです。

タイトルとURLをコピーしました