スポーツ×教育で子どもたちを幸せに!

対話しながら少しずつ進もうよ

対話しながら少しずつ進もうよ

月曜日の朝、カーテンを開けると雪が舞っていた。

「おかしいなあ予報は晴れだったのに、でもこれはこれでいいよね」

そんなことを思いながら珈琲を淹れた。

子どもたちを出迎える時間は竹ぼうきで雪を掃く。

「おはよー!」

「こんなに降っているんだったら雪遊びの服で来れば良かった」

なるほど佐久市内まで下ると雪はないらしい。

「今日は晴れって予報なのに変だね」

と尋ねるボクに

「山の天気は変わりやすいっていうでしょ」

と答える子どもたちがいる(笑)

子どもたちが朝のサークルに向かって無人となった中庭。

雪が薄らと円いサークルみ積もっているのでパシャリ。

ふと「対話」について考える。

真ん中に解決したい課題とか、もっとこうしたいなんていうアイデアがある。

それぞれの意見を出し合いながら、試行錯誤しながら実践を繰り返す。

いろんな意見がある。

いろんな見方がある。

いろんな感情を持つ人がいる。

本当に千差万別で、対話に参加するそれぞれの人にドラマがある。

数人が集まって対話が始まると、パッと話を始める人がいる。

ボクはどちらかというとそのタイプでベラベラと喋ることがある。

いわゆる口火を切る人になることが多い。

そのうち質問をしてくれる人たちがいて、やがて他の人たちからも意見が出る。

まあ、キックオフ役だな。

そうそう自らはあまり話さずにジッと聞いているだけの人もいる。

それはそれでいいんだよね。

大切なことは、そこにいるメンバーを大切に思うこと。

どちらが偉いとか…

そういう力関係ではなくRespectをもって参加することが重要なんだよ。

参加者がお互いにRespectをもっていれば対話が成立するんだよなあ。

そして対話をすることで課題解決の糸口も見えて来る。

現実を冷静に見つめながら少しずつ進めばいいよ。

そんなことを思う月曜日でした。

タイトルとURLをコピーしました