✨️Challenge Respect Smile✨️

学ぶ方法はいろいろあるけれど

ちょっぴり風の強い朝。

まだまだ新型コロナウィルス感染症も心配な12月半ばとなりました。

今日も子どもたちを眺めながら過ごしました。

力を入れず、できるだけ解釈を加えずに散歩するようにみる。

子どもたちはそれぞれ試行錯誤をしながら学びに向かっています。

漢字学習ひとつとってもタブレット端末で学ぶ子とドリルで学ぶ子がいる。

どちらにもメリットとデメリットがあるようで好みがあるようです。

タブレット端末は筆順が画面上で動くので覚えやすい。

ポイントもついたりするので楽しみながら学べます。

紙ベースのドリルは、学び終えたところが分かりやすい。

ページをめくればめくるほどボロボロになっていくのもいいらしい。

「これで完璧!」

全ての子どもたちにフィットした学習方法ってあるのでしょうか。

やっぱりそんなのはないんだよなあ。

子どもたち一人ひとりにフィットする学びがあるはずなんですよね。

チャレンジは続く…

桑原 昌之

スポーツと教育の現場で子どもたちの成長を見守り続けて来た教育研究家。教職員・保護者・スポーツ指導者向けの研修、ワークショップもしています。秦野市議会議員としても笑顔で活動中。
■詳しいプロフィールはこちら

\SNSをフォローする/
教育
ようこそ!
ON THE BALLへ
\フォローして繋がりましょう/
\この記事をSNSでシェアする/
タイトルとURLをコピーしました