オランダで観て感じて日本で実践して気づくこと

20130927-005021.jpg
オランダ視察から1年以上が経過しました。

あれから観てきたことを頭の中で整理したり、あちらこちらで報告する機会を与えられています。

今夜は、教育界の大先輩たちの前で語り多くのフィードバックをいただきました。

オランダの教育、とりわけイエナプランの学校は魅力的です。

「自学自習」の精神が貫かれ、さまざまな特性を持つ子どもたち一人一人に適切なアプローチを試みる。

それぞれの子どもたちにフィットした教材を個別に用意する。

学びたくなるような仕掛けをたくさん用意する。

学校で「学び方を学ぶ」ことを通して、自分から学べるような仕組みをつくる。

制度の問題は、なかなかクリアすることはできませんが、日本の学校でも取り入れられることは多いと思うのです。

教室はリビングルームのように居心地の良い空間であること。

居心地の良い空間で、ゆったりと流れる時間の中で、仲間と一緒に日々を過ごす。

さまざまな出来事に出会い、一緒に学ぶことでリスペクトの心が生まれていく。

共有する出来事が多ければ大きいほど、その度合いは高くなり、学びの質も向上する。

これって、オランダにいかなければできないのでしょうか?

そんなことはないはずです。

居心地の良い空間のために、私は「サークルベンチ」を置いています。

これがあるだけで、子どもたちの関係性は劇的に変化します。

子どもたちは、何かとサークルベンチに集まっています。

おしゃべりをしたり、集まって学びあったり、遊んだり …

子どもたちにとっては、もはやサークルは大切な空間です。

そんな空間で、時間を共有する仲間たちと一緒に学べる。

安心して学べる空気をみんなで作りたい。

そう思う毎日です。