対話をするためのアングル

横に並んで

子育て中のお母さんたち、若手の先生たちから聞こえる声。

どうしたらうまく思いが伝わるんでしょうか?

思いを伝え合うって確かに難しいですね。

もともと違うバックボーンで生きているわけですからメンタルモデルが違います。

同じように見えているつもりでも、同じではありません。

同じに見えることなんてないのです。

例えば、誰かと問題が発生したとします。

そんなときには正面を向いて話してはいけません。

向き合ってしまうと、自分からは見えない角度が出てしまうからです。

少しアングルを変えてみましょう。

理由は簡単…

正面からだと問題だけれど、同じ方向から見れば課題になる

できれば、カウンターバーで話すようにできれば一番いい。

お互いの距離も近いので小声で話すことができます。

落ち着いた雰囲気でオープンマインドにもなりやすい。

対面の場合も、座る位置を斜めにすることで対話もしやすくなります。

子どもたちと学ぶときにも、指導が必要なときにも

「こっちにおいで…」

とナナメの関係をつくることで落ち着いて対話ができます。

どんなことも一緒に考えることができれば嬉しいですからね。

こうして相手の話を聴いているうちに、自分の思いもスーッと伝わります。

思いが伝わらないなあと感じている人は、お試しあれ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
子育て小学校教諭の仕事教育
【著書】「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)

どの子も輝く教室のつくり方

スポーツマネジメント、イエナプランをヒントに公立小学校在職中の実践をもとに書いています。興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

Amazon

明治図書ONLINE

 

記事のシェアはお気軽にどうぞ!
フォローも気軽にどうぞ!
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました