戦略を練ってプレーすること

箱根湯ノ花ゴルフ

今年3回目のゴルフは箱根湯ノ花にて…

雷雨の心配はどこへやらという青空の下で楽しくプレーしました。

まあ、いつものようにスコアはまとまりませんが(笑)

久しぶりにやるとボールを打つことばかりに集中してしまいます。

ボールを打つ以外にやることがたくさんあるのにです。

どこにボールを落とせばベストなのか、打ってはいけないところはどこか…

ナイスショットは、ボールがきれいに飛んでいくことではないのです。

コース攻略のためにバンカーの位置や傾斜を考えながらプレーすること。

気持ちよくボールは飛んでいったのにセカンドショットはピンを狙いにくかったり…

グリーン上では、2段グリーンの上につけてしまったり…

これだけはやってはいけないという所にボールを打ってしまったり…

ついつい忘れてボールを打つことだけを考えてしまう。

サッカーやバレーボールでいえば、周りがよく見えていない状態です。

久しぶりに試合をするとゲーム感を取り戻すまでに時間がかかります。

それと同じような現象なのです。

虫の目ばかりを使ってしまい、鳥の目の存在を忘れている。

ゴールはどこか、自分はどこに立っているのか、次はどこへボールを動かすのか…

よく考えながら戦略を練りつつプレーすることが大切ですね。

以上、久しぶりのゴルフからの学びでした。

Enjoy sports.

この記事をお届けした
ON THE BALLの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!