「対話」ってなぜ大切?

「対話」ってなぜ大切?

正解のない道徳の授業。

「対話」ってなぜ大切?

というのが、最後の問い…

国語の単元とも合わせて、みんなで考えてみました。

目の前にある事実だけを捉えて意見すると、文句を言っているだけになります。

自分がしてほしいことだけを主張するのも、どうやら上手く伝わらない。

困っている事実があって、こうしたいっていう理想があります。

それを踏まえて、「こんなふうにやってみたい。」っていう提案をする方が伝わります。

自分以外は、みんな他者であって物事をとらえる感覚も微妙に違います。

だからこそ、何度も何度も繰り返して言葉のキャッチボールをする。

相手をリスペクトすることも求められる。

杓子定規に、紙に書いて発表することはしませんでした。

ベンチに集まって、問いに対して思っていることを話す。

「話したい人からどうぞ。」

でスタートしたら、ポツリポツリと思いを口にしました。

それぞれの問いに対する答えが出てきます。

「あ~、そんなふうに考えているんだな。」

とボクは傍聴者になっていました。

聞いているだけの子もいるし、何度も発言する子も出てきます。

順番がないので、自分が話すタイミングをつかむのも難しい。

いろんな姿を見ることができたし、いろんな答えをもらいました。

最後にまとめることはせず、それぞれに持ち帰ってもらう。

自分なりに「対話の大切さ」を感じてもらえたらOKです。

新学期から2ヶ月…

ベンチに集まって、みんなで話すっていう姿が、より自然な感じになってます。

明日から6月です。

夏休みまで、どれだけ成長するかワクワクは止まりません。

Good Luck.

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!