みんな楽しめることがベース

みんな楽しめることがベース

ALTがやって来る火曜日の外国語活動。

最後は双六を楽しみました。

自分の位置が分かるように消しゴムを置いてるチームもあれば、こんなものも(笑)

鉛筆のキャップに消しゴム、なぜかレモン牛乳のキーホルダー…

“Go straight.”  “Turn right.”  “Turn left.”  “Stop.”

あちらこちらの方向を示すカードを引きながら、Goalを目指して行ったり来たりするのです。

Goalに迫っているのに、最後の最後で上がれない。

とにかく笑いが絶えない光景に考えさせられるものがありました。

もちろん、基礎基本をしっかりと学ぶことは重要です。

気合いと根性で覚えるような感じも時には必要かもしれません。

でも、いつもの間に身についたというような感覚がいいですよね。

授業の最後に「楽しかったあ」と気持ちが残ることも大切です。

学級経営も同じ…

一日の最後にどんな感情が残って下校するのか。

「あー、いろいろあったけど今日も楽しかったなあ!」

そんな感情が残る教室だったら最高ですね。

みんなが楽しめることがベースにあれば、学ぶことも楽しくなります。

楽しい一日に感謝。

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!