子どもの頃に覚えた技は忘れないもんだ。

フットサルを楽しめるのもいいね

同級生と始めたフットサルに久しぶりに行って来ました。

半年ぶりのフットサルでは、参加してくれた長男と次男をはじめ若者たちのスピードにはまったく着いていけず笑うしかありませんでした。

でも、この年になっても楽しめるのは、子どもの頃のプレーが強く影響しています。

「いつまでサッカーやっていたんですか?」

と聞かれるのでこう答えます。

「ちゃんとやったのは小学校の2年間です。」

するとみんなビックリするのですが、私は、12歳から35歳まではバレーボールプレーヤーでした。

ではなぜそこそこできるのか?

おそらくゴールデンエイジにサッカーに出会ったのでしょう。

いちばん、ボールフィーリングが良くなる時期にサッカーに取り組めたのが大きいのだと思います。

サッカー関係者はバレーボールをする姿を観たことがありません。

「絶対、サッカーだよね。」

とみんな笑いますが、バレーボールプレイヤーですから!

たしかに世界で一番好きなスポーツはサッカーですけどね(笑)

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!