1985.10.26 木村和司の伝説のフリーキックを観た

ワールドカップメキシコ大会予選

今の若者たちは、日本サッカーがアジアでも勝つことができず人気のないスポーツだったことを知りません。

1985年は、昭和60年。まあ、昭和ですからね…

大好きな阪神タイガースが21年ぶりにリーグ優勝を果たし、日本一にもなった年であり、この日は西武球場で第1戦が行われていました。

でも、私は国立競技場にいたんです。しかもバックスタンドの日の丸のど真ん中に…

日本サッカーの成長を予見する伝説のフリーキック

1986FIFAメキシコワールドカップアジア最終予選「日本vs韓国」

当時は明らかに格上の韓国でしたが、JSLの精鋭たちが集まった日本にもチャンスがあったのです。

山本さんの名実況は、

遠いメキシコの青い空が、見えるような気がします。

と始まった記憶があります。

録画を何度も観るほど、残念だったけど感動した試合だったのです。

その中でも、テープがすり切れるほど観たシーンが、木村和司選手のあのFKです。

[youtube]http://youtu.be/P3l8vCaf29M[/youtube]

この試合は、日本サッカーにとっても重大な転機となります。

「Jリーグを創設しよう!」とサッカー関係者が真剣に考えたと言われる日です。

それからの日本サッカーの成長ぶりは、みなさんご承知の通りです。

11月17日(日) あの伝説のフリーキックをもう一度

さてさて本題!

11月17日(日) 東海大学サッカー場や近隣の公民館でこんな企画があるのです。

木村和司さん あの伝説のフリーキックをもう一度

私も微力ながら実行委員の一人として、この企画に参加しております。

詳細は、画像をクリックしてくださいね。楽しみ!

まさかね…

大学までバレーボール選手だった私が、一番好きなサッカーボールを転がしていたら、いろんな人たちとつながって、おまけに息子が東海大学でサッカーを続けていて、子どもの頃の仲間たちとサッカーを続けていたらこんなことになりました。

国立競技場にいた18歳の私は想像もしていなかったことでしょう。

嬉しいなぁ。

みなさん、まだ募集していますからね。

出会いに感謝!
いいね ! で元気が出ます!

Twitter で

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなるとポジティブに更新できます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローしてくださることで更新を見逃しません!