Challenge Respect Smile

あなたの花を咲かせてください!

あなたの花を咲かせてください!

ヒトってのは厄介で…

なかなかワガママには生きられないもんです。

やりたいように生きていけばいいのにね。

誰かと比較することで自分の立ち位置を感じる。

ヒトってのは他者の評価が気になるもんです。

比べなくてもいい、気にしなくていい…

本当はやりたいことがあるのに遠慮してしまう。

50のボクにもそんなことは少々残っています。

「こうあるべきだ!」みたいな先入観にとらわれてしまう。

先生だからこうでなくちゃ!

とか…

そんな感じ(笑)

でも、そこを考えると苦しいので、ネガティブな感情は排除しています。

いいじゃん、別に好きにすれば…

あなたの存在なんて、別に大して感じていない。

そもそも、大して興味なんてないのです。

批判する人たちが責任なんてとってくれるわけでもない。

まあ、そんなもんです。

だからこそ、気にせずに進化してほしいと願っています。

ポジティブにいこう!

若い先生たちって、もっと悩んでいるんだろうなあ。

子どもたちからの評価、同僚からの評価、指導主事からの評価…

じゃあ質問するけどいいかな?

「誰かに評価されるために先生やってんの?」

そうじゃないでしょ!

「安定した給料をもらうためにやってんの?」

それも違うでしょ。

「子どもたちをHappyにするために先生してるんじゃないの?」

そのためには、あなた自身の好きなことや得意なことをぶつける。

それが結果として子どもたちのHappyに繋がるんじゃないかな。

さあ、進化しようぜ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
小学校教諭の仕事日々の暮らし
【著書】「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)

どの子も輝く教室のつくり方

スポーツコーチング、スポーツマネジメント、イエナプランをヒントにした公立小学校在職中の実践を中心に書いています。小学校の先生、スポーツ指導者、マネジメントに興味のある方の参考に。

Amazon  明治図書ONLINE

\この記事をシェアする/
\KUWAMANをフォローする/
スポンサーリンク
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました