子どもを支える大人が笑顔になる【STC2022】

成長のために「子ども扱い」しない

チャレンジできる子どもに!

「まだ子どもなんだから、できるわけがない。」

子どもたちの力を侮っていませんか。

「まだ子どもなんだから、こんなもんでいい。」

そんなふうに軽率な扱いをしていませんか。

子どもたちは、ボクらが考えている以上に能力を持っています。

だから…

子どもたちの興味関心に制限をかけてはいけないと思うのです。

ボールを蹴りたくて蹴っているんだから、とことん蹴らせればいい。

本をパラパラめくっていたら、とことんめくらせればいい。

ペンをひたすら動かしていたら、とことん描かせればいい。

「やってみたい!」

と思うことを時間の許す限りやらせてあげることが大切です。

「あなたには、まだ早い。」

「あなたには、向いていない。」

自分のフィルターでしか子どもたちを見ることができない大人たちも多く存在します。

果たして本当にそうでしょうか。

大切なことは、子どもたちの力を信じることです。

「やってごらん!」

ポジティブに声をかけて見守ってあげればいいのです。

子どもたちの好奇心を止めないようにすること。

そして何よりも…

上から目線で子ども扱いしないことが重要です。

彼らはボクらの想像を超えて成長しますからね。

ようこそ!
ON THE BALLへ
\フォローして繋がりましょう/
スポーツ教育
\この記事をシェア/

子どもたちを笑顔にする前に、
まずは大人たちが笑顔でいよう!

第4期(8月)クルー募集中!

子どもと大人が笑顔になるパーソナルコーチング

「チャレンジ」「リスペクト」「スマイル」
をあなたに

どの子も輝く教室のつくり方

「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)
スポーツコーチング、スポーツマネジメントをヒントにした公立小学校における実践や教師としてのあり方を綴っています。学校の先生、スポーツ指導者、子育て中の皆さまやマネジメントに興味のある方たちへ。
Amazon  明治図書ONLINE

ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました