スポーツ×教育で子どもたちを幸せに!

みんなが楽しめることがベース

みんな楽しめることがベース

ALTがやって来る火曜日の外国語活動。

最後は双六を楽しみました。

自分の位置が分かるように消しゴムを置いてるチームもあれば、こんなものも(笑)

鉛筆のキャップに消しゴム、なぜかレモン牛乳のキーホルダー…

“Go straight.”  “Turn right.”  “Turn left.”  “Stop.”

あちらこちらの方向を示すカードを引きながら、Goalを目指して行ったり来たりするのです。

Goalに迫っているのに、最後の最後で上がれない。

とにかく笑いが絶えない光景に考えさせられるものがありました。

もちろん、基礎基本をしっかりと学ぶことは重要です。

気合いと根性で覚えるような感じも時には必要かもしれません。

でも、いつもの間に身についたというような感覚がいいですよね。

授業の最後に「楽しかったあ」と気持ちが残ることも大切です。

学級経営も同じ…

一日の最後にどんな感情が残って下校するのか。

「あー、いろいろあったけど今日も楽しかったなあ!」

そんな感情が残る教室だったら最高ですね。

みんなが楽しめることがベースにあれば、学ぶことも楽しくなります。

楽しい一日に感謝。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
どの子も輝く教室のつくり方教育
【著書】「どの子も輝く教室のつくり方」(明治図書)

どの子も輝く教室のつくり方

スポーツマネジメント、イエナプランをヒントに公立小学校在職中の実践をもとに書いています。興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

Amazon

明治図書ONLINE

 

\この記事をシェアする/
\KUWAMANをフォローする/
スポンサーリンク
ON THE BALL
タイトルとURLをコピーしました