自分でレールを選べばいいんだよ。

自分でレールを選べばいいんだ

ただただ列車に揺られる。

目的地は何となくなんて日もある。

ボクは新幹線じゃなくて各駅停車で勝手気ままに旅を楽しみたい派(笑)

ありがたいことに日本全国あちらこちらに鉄道が敷かれています。

東京駅など多くの路線が交わる中継点では、行き先は選び放題。

自分の意思でどこへでも行けるのです。

乗ってみたいと思う列車に乗るだけでいい。

日本の鉄道網って素晴らしいじゃありませんか。

ところが…

乗ってみたい列車に乗れない人は多い。

「仕事があるから…」

「穴を開けちゃいけないから…」

「やらなきゃいけないことがあるから…」

そんなふうに感じながら、いつもと同じ列車に乗り込むのです。

そうこうしているうちにストレスを抱えるようになります。

「このままじゃいけない。」

「もっと頑張らなくちゃ!」

「自分の考え方がおかしいのかもしれない。」

なんて気持ちにもなってメンタルも落ちていく。

そうなってしまうと違うレールがあるすら見えなくなります。

自分から乗り込んでいるはずの列車が誰かに乗せられているよう思える。

ちょっと苦しいなって思ったら路線図を眺めてみましょう。

レールは四方八方に延びているはずです。

短い間隔で発車する路線もあれば、一日に数本なんていう路線もある。

各駅停車もあれば超特急もある。

よく眺めていれば乗りたい列車は必ず見つかります。

乗ってみて目的地まで行ってみる。

「あれ?なんか違うな?」って思ったら戻ってくればいいのです。

振り出しに戻って、もう一度、違うレールを選べばいい。

旅を続けていると…

「おー!こんな景色があったのかあ!勇気をもらったぞ!」

なんていう感じで元気になることがほとんどです。

列車に揺られながら生きている喜びも感じることもある。

いつもと違う風景を歩いてみると、新たな視点を見いだすこともできるのです。

旅先で出会う人たちや風景からは学べることも多々ある。

旅を続けていれば、自分の成長にも気づくことでしょう。

人生だって旅。

無数のレールから乗りたい列車を選んでほしいし、自分自身もそうしていたい。

自分の人生は、自分で決めていいのです。

「旅というものはな、行き先を決めてから出かけるもんじゃねぇんだよ。」
by 車寅次郎

寅さんのようにリラックスした気持ちで旅を楽しめたら最高です。

以上…

「自分でレールを選べばいいんだよ」のお話でした。

Good Luck.