「寄り添う」ということを花から教わる。

「寄り添う」ということを花から教わる

道端にある花を見つけてはパシャリ…

ボクを知っている人たちでも驚くような趣味(笑)

特に小さな花が大好きです。

さて、この花…

フランスのロカマドールで見つけた小さな花。

とても可愛らしいし、何だか寄り添っている感じが素敵。

「寄り添うってなんだろう?」

そんな質問を浴びせられた気がします。

よく見ると花たちは、南の空を向いている。

この二つの花は、仲良く寄り添って太陽を眺めています。

ぴったりとはいきませんが、できる限り同じ視点に近づいている。

これって、子育てや教育にも大切なこと。

さらにいえば、日頃の人間関係でも必要なことです。

他者を理解することは難しいことです。

とてもじゃありませんが全てを理解することなんて無理です。

それでも…

「何が見えているのか。」

「なぜ、そう見えているのか。」

「何をしようとしているのか。」

そこにいる相手のことを理解しようとすることは可能です。

マルチアングルで観察したり、対話ができるようならやってみる。

こちらのフィルターは外して、ありのままの相手を受けて入れてみること。

そんなことができれば、何か上手くいかないと思うことでも解決策が見つかります。

太陽が子どもたち一人ひとりだとしたら…

子どもたちを対等なポジションで見つめたい。

きっと何かヒントが生まれるはず。

そして、大人同士でも同じですよね。

「あなたは子どもだから…」

「君は、まだ若造だから…」

そんなのは不要です。

フラットな関係性があってこそ「個の力」が発揮されるのですから。

寄り添うって大変なことだけれど大切だよね。

「自由の相互承認」を大切にできる社会でありますように。

Good Luck.